ネット広告の基本

ネット広告は正しい知識を持って運用すれば強力な集客ツールになるものです。

新聞や雑誌の広告、TVCMのように一方向の配信だけではなく、双方向のリアルタイム制のある広告をすることが可能なのがネット広告です。

ユーザとチャット等を使いインタラクティブに対応することでクルージングが行えるのが何よりも魅力です。

その上、最近はTVCMや新聞・雑誌広告よりも、スマホで配信する広告のほうが一般的に認知されつつあります。

通勤、通学中のスマホで見る広告のほうが、TVCMや新聞・雑誌の広告よりも効果があるものです。

ネット広告の場合は、ターゲットユーザの嗜好にあわせたワードでの広告の配信をすることが可能ですので、最小限のコストでの集客を行うことが可能になります。

また、自社で行う場合には、バナーでも動画作成でも自前で可能になりますから、マスメディアへの広告依頼のようなコストはかからないものです。

自社で売りたい商材やサービスを自社で思うように提供することが可能になるのがネット広告の魅力です。

リアルタイムに自社で押したいサービスや商品の宣伝を対象となる消費者に配信することが可能です。

これは、既存のマスメディアには出来ないことです。

どうやって集客を行うかを考える場合に、新聞の広告等は確かにある程度見込み客の反響は得れますがコストはかかります、対してネットならば全てを自前で行うことも可能なのです。

投資対効果で考えれば、ネット広告は効果を自分で最大限にすることが可能なのです。

PAGETOP