広告媒体の種類と上手な使い分け

マーケティング上手な企業は、広告媒体によって細かく内容をローカライズしています。

テレビCM、ラジオCM、ネット動画、SNS、折込チラシ、新聞広告等、主要な広告媒体だけでも、これだけの種類があります。

大雑把に分けますと、アナログの広告媒体は高齢者や主婦の方々がよく利用します。

対してネット広告は比較的若い世代が見ます。この傾向を意識した上で内容を上手くローカライズするのが勝負の分かれ目です。

既存のアナログ広告の場合、イメージを大事にした温かい雰囲気のある広告にしましょう。

CGや派手なイラストは厳禁です。

また高齢者が読みやすいように文字サイズは大きめにアレンジし、専業主婦の方でもひと目で理解出来るように難解な単語や専門用語の羅列はやめましょう。

翻ってネット広告の場合、インパクトを重視したいところです。

アナログ広告とは違い、ユーザーが目にする時間が秒単位なためです。

キャッチーなコピーと思わずバナークリックをしたくなる派手な映像や音声を折り込み、反射的にユーザーが食いついてしまうような個性的なデザインで意識しましょう。

PAGETOP